画像
自動車保険

title

富士火災海上保険(株)代理店

お客様のニーズに応じた保障内容で安心のカーライフ

 お客様のニーズに応じた保障内容で安心のカーライフ

安心のカーライフに欠かせない自動車保険。当店ではお客様のご要望をしっかりとヒアリングした上で豊富な保険商品の中から最適な商品をご提案いたします。日ごろの保険に対する疑問点やご質問だけでも気軽にご相談ください。

保障内容の見直し・お見積もり無料

 保障内容の見直し・お見積もり無料

言われるままに入っていた自動車保険!見直しは大丈夫ですか?
見直しのポイントや他社からの移動も含め親切・丁寧にご説明致します。

万一事故を起こしてしまったら!!

 万一事故を起こしてしまったら!!

1.けが人の救護

 1.けが人の救護

ケガ人がいる場合は必要に応じて救急車の手配をします。
軽いケガや、外傷がなくても頭部などに強い衝撃を受けた恐れのある時は、早めに医師の診断を受けることをお勧めします。

2.事故続発の防止

 2.事故続発の防止

交通の妨げにならないよう安全な場所に停車し、エンジンを切ります。
車が動かない場合は、ハザードランプを点滅させたり、発煙筒や停車表示板を使用し接近する後続車に事故の発生を知らせるようにします。

3.警察に連絡

 3.警察に連絡

最寄りの警察署もしくは110番に連絡して1・事故発生の日時と場所 2・事故の状況 3・負傷者の有無と負傷の程度 4・事故現場でとった措置 を報告し指示を受けます。軽微な事故でも必ず警察へ届出て下さい。特に人身事故の場合は「人身扱い」の届出が必要です。

4.相手の確認

 4.相手の確認

相手がいるときは、相手の 1・住所・氏名・昼間の連絡がつく連絡先 2・車の登録番号 3・車検証記載の所有者の住所・氏名 4・任意保険会社名 等を確認して下さい。

5.目撃者の確認 

 5.目撃者の確認 

事故の目撃者がいる場合は、目撃者の住所、氏名、連絡先、目撃した内容を記録し、証言してもらえるよう頼んでおきます。また事故現場の状況や、車の損傷部位などをメモ(カメラを持っている場合は写真を撮る)しておくと後で役立ちます。

6.示談をしない

 6.示談をしない

事故の現場で今後の補償についての話が出ても安易に示談することは絶対にやめましょう。事故の直後では冷静な判断ができないことも多いですし、保険金の一部または全部が支払われないことにもつながります。相手と示談をする場合には必ず富士火災へ事前の連絡が必要です。

7.富士火災へ連絡

 7.富士火災へ連絡

事故にあった時はただちに、ご契約取扱者(富士火災)セイフティ24コンタクトセンター<0120-220-557>にご連絡下さい。尚、次のような場合は、後日保険金のお支払いに支障が生じる場合がありますのでご注意下さい。a・保険会社の承認なしで事故にあった車を修理した場合 b・保険会社に相談なしで被害者と示談した場合

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!