画像
リサイクルパーツ

title

リサイクル部品の特徴

地球にやさしくエコライフ

 地球にやさしくエコライフ

自動車先進国の日本では、年間500万!600万 とも言われるほどの車が廃車となっております。
この膨大なお車を廃車ではなく使用可能な部品を 再利用することで社会環境に貢献しております。

安い修理をご提案します。

 安い修理をご提案します。

ドアを凹めてしまった!ヘッドライトやテール、
レンズ類が割れてしまった!などなど!!
こんな時、板金が不可能な状態で
交換を要する時 少しでも安い修理をご提案します。

リユースパーツ(中古部品)

 リユースパーツ(中古部品)

使用済み自動車から部品を取り外し 、分解等の手を加えず
現品の目視・検査・点検をした後に、良品パーツが 洗浄を得て商品化されます。

リビルトパーツ(再生部品)

 リビルトパーツ(再生部品)

使用済み自動車から部品を取り外し 、磨耗・劣化した 部品等の
修理や交換を行い再生された後にテスターを用い点検した部品となります。

 廃棄物&CO2排出量削減

自動車の新品部品に比べリサイクル部品を使用することで修理代をお安く収める他に
廃棄物減少やCO2の削減に貢献することが出来ます。

(*CO2削減量は車両の大きさや排気量で異なります。下記数値は参考データです)

ドアCO2削減量 97.3kg

 ドアCO2削減量 97.3kg

新品を使用でCO2排出量は136.09kgリユースを使用しますと0.6kgとなり 削減量は97.3kg

バンパーCO2削減量 23.1kg

 バンパーCO2削減量 23.1kg

新品を使用でCO2排出量は23.3kg!リユースを使用しますと0.2kgとなり 削減量は23.1kg

板金塗装の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!